English / 日本語

Facebookのアイコン

youtubeのアイコン

sitemap

特派員報告4&5 早春の八重山西表島

特派員報告4 北部上原集落のスーパーへ行く

平成29年度 西表島支局 特派員 小川桃佳(学生)

私がこの研修でお世話になっている旅館はその名も「パイン館」星砂ビーチのすぐそば。 うっとりしてしまいそうな環境です。郷土料理のご飯も美味しく、夜になるとカエルの大合唱。かさこそオカヤドカリも遊びに来ます。しかし何か足りない!都会育ちの私には24時間やっているコンビニが恋しくなりました。宿のご主人に聞いてみると、島にはコンビニなんて無いよ、港の近くにスーパーがあると聞きました。それではと港へ出るバスは・・・。日に5本。使い物になりません。仕方なく一面のパイン畑を横切ってショートカット。約30分かけて町へ行きました。スーパーはと言うと、ありました。長靴、島ゾウリ、缶詰、麦わら帽子、やたら日持ちするパン、そして大きな冷蔵庫には生鮮食料品。 葉物野菜からナーベラというヘチマ、一袋160円もするもやし、少量づつおいていました。確かにスーパーです。私が住む千葉の田舎にも昔はありました。そんな感じです。しかし集落にはなくてはならないお店です。

星砂の海岸 美味しい夕食

この道行くのは、ちょっとつらい。

特派員報告5 白浜漁港から漁船に乗る!

平成29年度 西表島支局 特派員 小川桃佳(学生)

チャンスは不意に訪れます。農家のご主人から日曜日に釣りに出かけるけど、一緒に行く?とお誘い、外洋にはめったに出られないので、即答いきま~す。どうもカツオを釣りに行くそうです。楽しみでした。 当日、朝早くから白浜の漁港へいき出船準備。漁船ではなくちょっとしたモーターボート、ここら辺は浅瀬が多く、大きな舟は走れないようで小型船での出港となりました。

比較的近くのリーフ外へ カラフルなお魚が釣れるはずでしたが・・・。

岸に近いところは風もなく、波も穏やかでしたが、外海に出たとたん大波小波、みんな船酔いでヘロヘロ状態。大変な一日でした。あげくの果てお目当てのカツオは釣れず、オジサンのみ、さっさと退散しました。

次回、マリュードの滝・カンピレーの滝へ行く


「野生のランに魅せられて」へ戻る

「自然人の語り」へ戻る

ホームへ戻る