English / 日本語

Facebookのアイコン

youtubeのアイコン

sitemap

特派員報告7 早春の八重山西表島の現状 私が見つけたラン

小川桃佳(19) 大学生

今回初めて訪れた西表島で、もしかしたらランかも知れないと思って撮った写真は何と1,000枚以上です。 千葉へ帰り父の小川豊明と山本さんに見てもらい、当たりくじ(ラン科植物)が写っている写真を抜き出してもらいました。

私が2017年春に訪れた八重山の自然とそこで見つけたランたちの写真をご覧ください。

縦断道にて
仲間橋からジャングルを望む

密林の中で
高さ10mにも及ぶヘゴシダ

マリュードの滝
カンビレーの滝

仲間橋のモニュメント ナリヤランとニュウメンラン

モニュメント、イリオモテヤマネコ
ヒルギ林(マングローブ)

正体不明の植物?

きれいな色をしたカミキリ&カメムシ

正体不明のカラスウリ?
ユウコクラン

イリオモテヒメラン
カゴメラン

植栽品と思われるシラン3/7
島で初めて見つけたコウトウシラン

コウトウシランの右隣に偶然にも写り込んでいたカクチョウランの花茎

長いようで短かった今回の冒険、季節がらなかなかお天気には恵まれませんでしたが、島の人々の暖かいおもてなしや、カヌーや軽自動車を気軽に貸していただくなど、大変有り難うございました。 実習で様々なご指導を頂いた農園のスタッフのみなさんそして私のわがままを聞いてくださった民宿パイン館のみなさん有り難うございました。 この体験を生かし頑張っていきますので今後ともよろしくお願いいたします。

来年の冬にはまたランを探しに島に伺おうと思っていますので、その時までさようなら。


「野生のランに魅せられて」へ戻る

「自然人のコラム」へ戻る

ホームへ戻る